ホーム > 北京同仁堂 > 2018年12月

北京同仁堂

2018年12月

カイジ顆粒

元気堂 / カイジ顆粒

カイジ顆粒はカイ栓菌糸体から抽出した物で非常に高価なものです。
カイジとは、中国の老齢の槐(エンジュ)の木に生長したカイ栓菌キノコです。槐は、日本でも古くから庭木などとして栽培されているのでおなじみの樹木です。成長すると二五メートルほどの高さになりますが、それ以上は成長しないことと、排気ガスに強いことで街路樹にもよく使われています。
夏に花が咲き、花が散ると、数珠状の豆の実が成ります。
カイジはカイ栓菌キノコで、これまで日本では報道されなかった真菌です。
カイジ顆粒の主原料である「カイジ」は中国の老齢の槐(エンジュ)の木に成長するカイ栓菌という真菌キノコで、半円形で耳に形が似ていることから、槐の耳(カイジ)と名づけられました。

抗がん剤   2018/12/07   admin